水のトラブルが起こりやすい場所は主に4箇所

水のトラブルが起こりやすい場所は主に4箇所 家庭では水を使う場面が多いことから、それだけ水に関する不都合も発生しやすくなります。家族の人数やライフスタイルにもよりますが、家庭で使われている一日の水の量は、600リットルほどと言われています。地震などの自然災害が発生すると、断水になり、水の確保に苦労したという体験がある人も多いです。そのため、生活に必要な水の量の多さを改めて実感した人もいるかもしれません。特に料理やお風呂など、大量に水を使用するところでは水のトラブルも起こりやすく、被害も大きくなりやすいので注意が必要です。

■食事作りに欠かせないキッチンのシンク

水栓や排水管などが備え付けられているキッチンのシンクは、トラブルが起こりやすい場所です。水栓自体が劣化して水が漏れることもありますが、中でも多いのが床下を通っている排水管からの水漏れです。排水管は使用した水が流れていることから、問題が起きると悪臭の原因となったり、キッチンやダイニング、リビングなどがつながっている場合は、そちらにも影響してしまいます。被害を放置すると、キッチンやダイニング、リビングなどの床を剥がしてリフォームを行うなど、大規模な工事が必要になることもあり、それだけ復旧に時間もお金もかかってしまいます。気がついたときには、いつのまにか大量に使用した水が流れていることも珍しくないので、ちょっとした異変も見逃さないようにすることが大切です。

■大量に水を使うバスルームや洗面台、ランドリーの周辺
体を清潔にしたり、歯を磨いたり、衣類を洗濯するために備わっているバスルームや洗面台、ランドリーの周りなども、水のトラブルが起こりやすい場所です。水栓やシャワーヘッド、給湯器などからの水漏れが起こるのがお風呂であり、水栓や排水管からの水漏れが起こるのが洗面所です。ランドリーは排水を行うパンから水が溢れてしまい、気づいたらランドリーの下が水浸しになっていることがあります。お風呂や洗面所、ランドリーなども、排水設備に関しては水漏れが起こると、台所の排水管と同じように悪臭の原因やカビの原因になることから、見つけたらできるだけ早く対処するようにしましょう。

■水のトラブルの中でも問題が大きくなりやすいのがトイレ

排泄物を流す場であるトイレは、使用する度に水が必要となります。トイレの水のトラブルでは、便器を洗浄するための清潔な水が漏れてしまうケースと流した後の水が漏れてしまうケースがあります。清潔な水が漏れているケースは、床や壁に浸水してカビなどの原因になってしまいますし、常に水が流れ続けてしまうことで水道の料金も高くなってしまいます。しかし、これよりも厄介なのが、流したはずの水や排泄物が排水管に詰まってしまい、最悪のケースでは逆流してくる状況です。こうなると簡単に止めることはできず、床が汚水まみれになってしまいます。
一戸建ての住宅でも損害は相当なものですが、集合住宅の場合は階下の部屋にも漏れ出てしまうことがあり、賠償をしなければならなくなった人も存在します。中にはトイレに流すことができないものを流したことで、詰まってしまったというケースもあり、普段何気なく使用しているトイレが非常に厄介な問題を抱えることになってしまいます。修理の経験がない人では、なかなか直すことができないことも多いので、業者を探しておくことですぐに対処することができます。

■まとめ
家庭の中でも水を使用する場所がいくつかあり、そのどれもが水漏れなどの水のトラブルを引き起こす場所になっています。どこで、どんな不都合が発生する可能性があるのかを知っておくだけでも、トラブルが発生したときに冷静に対処することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース